イーサネオ日本初上陸。年利5〜8%の案件。

初めまして。イーサネオ推進委員会の吉本です。
今回は6月に日本上陸したばかりのイーサネオのご紹介です。

<イーサネオ(ETHneo)とは>
グランドオープン:2021年6月15日
DeFi市場への参入
「SUMO SWAP」分散型取引所(DEX)設立(完了済み)「Ouchi Finance(オウチファイナンス)」
SUMOトークン配布(UNIswapに上場予定)「Ouchi(オウチ)」に変更
SUMO保有量により取引所の収益分配
ETHステーキングによる枚数増加(年利5~8%)

これだけ見ても非常にわかりづらいかと思いますので、簡単に補足をすると
イーサネオ(ETHneo)は保有しているだけで配当がもらえる仕組みとなっているため、売買等を行う必要がなく資産が増えて行きます。

またイーサリアムはご存知、ビットコインに続く世界2位の仮想通貨となります。

■イーサリアム開発者、ヴィタリックの動画はこちら

ヴィタリックと宮口あやにEthereumとEFについてなんでも聞いてみよう!Vitalik & Aya in AMA!【ETHTerakoya x Blockchain EXE】

イーサネオへの参加は下記リンクより可能。

この『ステーキング』という仕組みは、これまでの仮想通貨業界への投資という概念を変える一つのシステムかも知れません。

例えば仮想通貨で資産を増やすためには、
• 安いレートで購入
• 高いレートで売却
つまり通貨を売買することで売却益(キャピタルゲイン)を狙うことが一般的です。

そしてその為に日々情報収集を行い、適切なタイミングで購入・売却をすることで利益を得るという手法が主流かと思われます。※しかしこの作業は多くの方にとってとても難しい事だと思います。

その点”ステーキング“は、対象の通貨を一定期間・一定枚数(・ランダム)を保有し続けることで利益を得ることができますので、
• 株式保有
• 不動産賃貸業
などと同じように定期的な配当(インカムゲイン)を狙う事ができます。

これは通貨を発行する企業にとってもメリットがあり、ユーザーは初期投資を不要とするサービスの為、利益を継続的に得るためには通貨を売却せずに保有し続けるという選択肢が生まれます。

これは世界中の現在の投資家のスタイル・ニーズに合致しているサービスの一つと言えるかも知れません。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました