新サービス「助っ人くん」のご紹介をお送り致します。

お世話になっております。
助っ人くんを担当している庄司です。

このたびは突然のご連絡させていただき失礼致します。

助っ人くん

【足で稼ぐ=飛び込み営業→質より量の時代】

営業は足で稼ぐという言葉があります。

言葉の意味を調べてみると戦前から高度経済成長期の「大量生産大量消費」の世では
営業マンが「足で稼ぐ」時代であったということ。
毎日、1軒でも多く客先を回り、とにかく顔をつないでおく。
団地全部の家の扉を叩き、飛び込み営業をかける。
そうしてとにかく外回りをし続けるのが、営業成績を上げるための王道と言われてきました。

昭和・平成と時代が変わり現在は「令和時代」
インターネットが当たり前のように普及して、わざわざ外回りをしなくても
自宅やオフィスでSNS、メール、ホームページなどで他人と気軽に
コミュニケーションができる時代となりました。
表題でも書いている通り「質より量の時代」であり、お客様にはより簡単に営業できる
ネットツールをご案内できればと思っております。

助っ人くん

改めて突然のご連絡失礼致しました。

担当 庄司 勝

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました